アンテナサイトにも実に様々な種類があるので細かく見ていきましょう。

アンテナサイトについて

アンテナサイトの種類とは?

一見、同じような見た目のアンテナサイトですが、実は微妙に違うところがいろいろあります。

ここでは、アンテナサイトの違いをご紹介しましょう。

記事風のアンテナサイトと普通のアンテナサイト

よくアンテナサイトと混合されがちなのはスクレイピングサイトと呼ばれるサイトで、元のサイトからタイトルとURL以外に内容も一緒に抽出して表示するサイトです。 ほとんどの場合、最後に元サイトへのリンクがあります。

ココナラとかランサーズなどのクラウドソーシングでも、「アンテナサイトを作成する」などと間違って出品している事があります。

アンテナサイトとは、元のサイトのタイトルとURLを抽出し、リンクのみを羅列しているサイトをアンテナサイトと呼びます。

総合アンテナサイトと特化型アンテナサイト

アンテナサイトには、いろいろなジャンルをまとめた総合型のアンテナサイトと、一つのジャンルのみをまとめた特化型のアンテナサイトがあります。 総合型のアンテナサイトは、アクセスの規模が大きくなればなるほど登録されるハードルが高く、送るアクセスが多くなります。

特化型のアンテナサイトは、同じジャンルであれば比較的、登録されやすくアクセスも集めやすいですか、総合型のアンテナサイトと比べると、アクセス数字は少な目です。

オリジナルアンテナサイトとレンタル型のアンテナサイト

アンテナサイトには、自分でプログラムしたりワードプレスのプラグインを使って作成した、オリジナルのアンテナサイトと、登録するだけですぐに利用できる無料のレンタル型のアンテナサイトがあります。

もちろんですが、自分でプログラムしたアンテナサイトは細かな設定までしている為に、アクセスも伸びやすく登録する方の使い勝手もいい事が多いですが、PHPなどのプログラム言語とHTMLやCSSなどの知識が必要です。

一方、レンタルのアンテナサイトは、登録するだけで簡単に利用でき、無料なので初心者には使いやすいですが、アクセスが集めにくく苦労している方が多い印象があります。

どんなアンテナサイトが狙い目か?

では、どんなアンテナサイトに登録すればいいのかと言うと、もちろん1番は「アクセスの変換率」が高いところです。 変換率とはあなたのサイトからアンテナサイトに送ったアクセスよりも、アンテナサイトからあなたのサイトに送られてきたアクセスの事です。

例えば、あなたのサイトから100のアクセスを送って100のアクセスが帰ってきたら、変換率は100%で、送ってアクセスが100で帰ってきたアクセスが200なら変換率は200%です。 もし、送ったアクセスが100で帰ってきたアクセスが50なら変換率は50%です。

つまり、「帰ってきたアクセス÷送ったアクセス×100=変換率」なんです。

変換率を公表しているアンテナサイトもありますが、公表していないアンテナサイトもあります。 アンテナサイトの規模に関わらず、変換率の高いアンテナサイトが狙い目です。

もちろん、公表している変換率が高いアンテナサイト程いいですが、あなたのサイトとの相性や、あなたのサイトが公開している間隔などによっても変わりますので
アンテナサイトに登録後も調査しましょう。

ちなみに、変換率を公表していないアンテナサイトや、変換率が悪いアンテナサイトも、あなたのサイトと相性かいいかもしれませんので、登録して確かめてみても損は無いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました